岡山市 IDC アイデンタルクリニック

予防歯科

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密歯科治療

アイデンタルクリニックではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を用いた精密歯科治療を行っています。マイクロスコープは脳外科や心臓外科などの“精密さ”が高度に求められる分野でよく使用されています。歯科ではまだ一般的ではなくいわゆる「先端医療」の領域ですが歯科のように“繊細な治療”が要求される分野ではまさに「顕微鏡を用いた拡大」が有効だと考え当院ではいち早く2012年より導入しております。

マイクロスコープの歯科での使用分野は「根管治療(歯の神経の治療)」「補綴治療」「むし歯治療」「歯周病の治療」「審美歯科治療」「インプラント」など多岐にわたります。 マイクロスコープを使用すると最大で24倍という圧倒的な“拡大視野”が得られるため、肉眼の治療に比べはるかに「治療の精度」が高くなるのです。

さらにマイクロスコープは歯科の「治療」だけではなく「診断」にも役立ちます。 今までは、肉眼では見えなかった「歯根破折(歯の根っこが割れること)」や「歯の表面のマイクロクラック(目に見えない亀裂)」などもマイクロスコープを使用することにより、容易に診断できるようになりました。

アイデンタルクリニックのマイクロスコープの使用例

根管治療におけるマイクロスコープの使用

「根管治療(歯の神経、根っこの中の治療)」はまさにマイクロスコープが力を発揮してくれる分野です。

アメリカの「根管治療専門医」の間では、実に90%以上の頻度でマイクロスコープが使用されています。 今まで「盲目的に」されてきた根管治療は、マイクロスコープを使用し、「可視化」されたことで飛躍的に治療成績が向上した分野なのです。 「根管治療」はその歯の寿命を左右する重要な処置であり、「みなさんの歯の寿命を延ばしたい」という切実な思いから、アイデンタルクリニックでは「根管治療」に関しては、保険治療でも「マイクロスコープ」を使用しております。

補綴治療、審美歯科治療におけるマイクロスコープの使用

「補綴治療」や「審美歯科治療」でもマイクロスコープは活躍してくれます。 マイクロスコープによる“拡大下”で支台歯形成(=かぶせ形に合わせて精密に歯を削ること)や適合のチェックを行うことによりかぶせの精度が格段に向上しひいてはその歯の寿命を延ばしてくれることにつながるのです。

マイクロスコープを使用した支台歯形成
マイクロスコープを使用した支台歯形成
かぶせの「適合精度」が非常に良い

審美歯周外科(マイクロサージェリー)におけるマイクロスコープの使用

歯ぐきが痩せてしまったところに、ご自身の「結合組織」を移植し改善する「根面被覆術」という小手術があります。 このような手術にマイクロスコープを使用し繊細に行うことにより術後の痛みや腫れの少ない「低侵襲な」治療が可能となります。 もちろん術後の審美性もマイクロスコープの使用により飛躍的に向上します。

他にも「そのほかの審美歯周外科処置」や「歯周組織再生療法」「インプラントオペ」などの外科処置にも必要に応じてマイクロスコープを使用しています。

(C) 2010 I DENTAL CLINIC Rights Reserved