岡山市 IDC アイデンタルクリニック

予防歯科

当院では最先端医療機器、歯科用CTを導入しております

安全かつ高度先進的な歯科医療を提供いたします

最先端医療機器、歯科用CTを導入しています

そもそも歯科用CTとは?

まずCTとは「Computed Tomography」の略で、直訳すると「コンピューター断層撮影」となります。 CT登場前は“画像診断”といえば、「レントゲン」がメインでした。 「レントゲン」は本来3次元である人間の体を2次元の画像で診断するものであり、その精度には限界があります。

レントゲンは”2次元”の画像

CTは3次元の人間の体を3次元の画像で再現することができるため「レントゲン」と比較すると診断の精度が飛躍的に高まっています。

CTでは“3次元的な”画像が得られる

「歯科用CT」は“お口の中”や“顔面領域”を撮影するのに特化したCTであり、「歯」や「骨」に対して非常に鮮明な画像を撮影することができます。すなわち歯科用CTとは「お口の中や顔面領域に特化して3次元画像を撮影することのできる装置」のことです。

どんな時に歯科用CTは有効なの?

安全な治療、正確な診断にはCTが有効です

当院では、最新の歯科用CT「AUGE SOLIO」を導入しております。

具体的には「インプラント治療」「歯周病治療」「根管処置」「顎関節症」「親知らずの抜歯」などの診断に、特にCT撮影が有効となります。

インプラント治療にCTは有効です

インプラントの診断にはCTは必須です。3次元的に骨の状態等を把握することにより安全かつ正確なインプラント埋入処置が可能となります。

まず、インプラントとは、歯を失った部分の骨の中に“インプラント”と呼ばれるチタン製の“人工歯根”を埋入し、その上にセラミックなどで“かぶせもの”をつくることによって失った機能や審美性を回復する方法です。(詳しくは「インプラント治療」参照)

マイクロスコープを使用した支台歯形成

インプラントは「骨」の中に埋入するため、「骨」の形態を実際のインプラントの埋入手術前に把握しておくことは必須です。この時に歯科用CTが非常に有効となります。 術前に「CT撮影」を行い、コンピューター上で綿密な埋入のシミュレーションを行うことにより正確なインプラント埋入が可能となり、これが術後の「審美性」や「インプラントの長持ち」につながります。

CT画像からインプラントの埋入ポジションを正確に検討できる

歯周病の診断にCTは有効です

「歯周病」と聞くと何となく、歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから出血したりと“歯ぐきの病気”だというイメージが持たれがちですが、「歯周病」の本質は(歯ぐきではなく)“骨の病気”です。 歯周病は“歯周病菌”という細菌がお口の中に感染することにより、“歯を支えている骨”がだんだんと溶けて、支えが減ることにより次第に歯がグラグラしてきていずれ抜けてしまうという病気なのです

歯周病は骨が溶ける病気である

(もちろん骨が溶けていくと同時に歯ぐきが腫れたり、歯ぐきから血が出たりといった症状を伴うこともありますが、これはあくまでも“付随的な症状”なのです)。 歯周病は「骨が溶ける病気」であるため、その診断に骨の状態を3次元的に把握することのできるCTは非常に有効です。骨が“どのような形に”、“どの程度”溶けているかを正確に診断することにより、その後の治療もより正確なものになります。

歯周病により骨がどのように溶けているのかがよくわかる

根管治療にCTは有効です

歯の神経処置(根管治療)にもCTは有効です。歯の根管は非常に複雑な形態をしており、この形態を3次元的に把握することが、根管内をきれいにするためには必要不可欠です。

根管内が3次元的に把握できる
CT撮影により根管の形態を把握し、さらに歯科用顕微鏡(マイクロスコープ(詳しくは「マイクロスコープ」参照))による拡大視野下で治療することにより根管治療の成功率は飛躍的に高まります。 世界的に見ても根管治療専門医の間では「CT×マイクロスコープ」の組み合わせはゴールドスタンダード(世界基準)になっています。

顎関節症の診断にCTは有効です

顎関節症の症状には、「お口を開けると顎の関節が音がする」「お口の周りの筋肉がこわばる、痛い」「お口が開けにくい」「長時間の開口がしんどい」など様々なものがありますが、進行すると、顎の関節の骨の部分が変形することがあります。 このような「顎の関節自体の変形」も(2次元像のレントゲンと比較して)3次元的な画像の得られるCTでは、より正確に診断できます。

顎関節の状態が3次元的に把握できる

親知らずの抜歯にCTは有効です

親知らずを抜歯する場合、特に骨の中に埋まっている親知らずを抜歯する場合、親知らずが3次元的にどのように埋まっているのかを把握する必要があります。

親知らずがどのように埋まっているかが3次元的にわかる

さらに下の親知らずでは、歯が下顎神経という神経(歯や歯ぐき、舌の一部の感覚の神経)と近接している場合があり、この神経を傷付けずに抜歯するためにもCTはとても有効です。

当院では最先端医療機器、歯科用CTを導入しております

当院で導入している歯科用CT「AUGE SOLIO」は、被ばく量が少なく、日常生活で自然に浴びる放射線量とほとんど変わりありません。もちろん体に害のないレベルですので安心して撮影を受けていただくことができます。

(C) 2010 I DENTAL CLINIC Rights Reserved