岡山市 IDC アイデンタルクリニック

顎関節症

顎関節症とは?

あごの関節のことを「顎関節(がくかんせつ)」といいます。
また食べ物を食べる時に使う筋肉を「咀嚼筋(そしゃくきん)」といいます。(図2)
この「顎関節」や「咀嚼筋」に起こる障害、病気を「顎関節症」といいます。

図1 図2

顎関節症の症状

顎関節症の症状には次のようなものがあります。

  • 口を開け閉めすると、あごの関節がカクカクなる(図1)
  • あごの関節がジャリジャリと音がする
  • 口が開かなくなる
  • 口は開けられるが、大きな口が開けにくい
  • 口の周りがこわばる、痛い(図2)
  • 頭痛がする、肩こりがひどい (図3)      ・・・など

図3 図4 図5

顎関節症の原因は?

顎関節症の原因はひとつではなく、いくつかの原因が複雑に絡まって起こる、と考えられています。その中でも、主な原因は次のようなものが挙げられます。

 @ ストレス
   A 歯の咬み合わせが悪い
   B 歯ぎしり、くいしばり
   C 寝ぞうが悪い、ほおづえをつく
   D お口の中の「かぶせ」や「つめもの」が悪い

顎関節症の治療は?

顎関節症の治療はおもに次の3つです。
  @ 認知行動療法
  A スプリント療法
  B その他

@認知行動療法について

「認知行動療法」とは、なんだか難しそうな言葉ですが、そんなことはありません。
顎関節症になりやすくなるような「生活習慣」があります。こういった悪い「生活習慣」にはどのようなものがあるか知って(「認知」して)、そのような習慣に気をつける「行動」することを、「認知行動療法」と呼んでいます。
顎関節症になりやすくなるような「悪い生活習慣」には次のようなものがあります。

  • ストレス
  • 偏咀嚼(右側だけ、もしくは左側だけでご飯を食べる)
  • 歯ぎしり、くいしばり
  • 悪い姿勢で長時間机に向かっている(パソコンなど)
  • 日中、上下の歯が接触している
  • 仕事などで緊張する機会が多い
  • スポーツでくいしばることが多い
  • 横向きに寝ている
  • 歯の咬み合わせの異常
  • 電話中、受話器を方ではさむ
  • よくほおづえを突く      ・・・など

A スプリント療法について

「スプリント」と呼ばれる器具を、(おもに寝ているときに)装着することにより、「あごの関節」や「咀嚼筋」は“安静状態”が保たれます。
この「スプリント」は歯科医院で歯の「型」をとって作ります。「スプリント」の効果としては、顎関節、筋肉の安静、咬み合わせの適切化、歯ぎしり、くいしばりへの対応、などが挙げられます。

図6 スプリント 図7 スプリント装着

B その他

その他にも、痛みがひどい時には薬を処方し、飲んでもらったりもします。また、「明らかに咬み合わせの悪さがおもな原因となっている場合」には、「かみ合わせの治療」を行うこともあります。
そのほか、カイロプラスティックや整体などの治療が有効なケースもあります。

これらの顎関節症の治療により顎関節症の約80%に改善がみられます。ただしあごの関節がカクカク音がする、「クリッキング」という症状は、約30%しか改善がみられません。

顎関節症は「完治(←完全に治って、再発しないこと)」の困難で、再発の多い 病気です。ですから、症状が出た時の「対処法」を知り、気長に付き合っていくことが大切ともいえます。

(C) 2010 I DENTAL CLINIC Rights Reserved